O’Shea Getzのケーススタディ

このケーススタディでは、高度な知財管理システムを導入する事務所の決定の背後にある動機、選択プロセスを導く重要な一面、および導入の結果としてもたらされる成果の全体像を探ります。

誰もがどこからでもアクセスできるプラットフォーム…住んでいる地域にかかわらず、法務関係での最高の人材を引き付け、雇う能力の邪魔にならないものを求めていました。

リチャード・ゲッツ(Richard Getz)氏、O’Shea Getz P.C.(オシェイ・ゲッツ、弁理士)

ケーススタディで以下をご覧ください。:

  • なぜ高度な知財管理システムに移行することにより、事務所がその潜在的な取扱件数をより広く拡大することができるのか。
  • どのように一人の弁護士補佐が四半期報告書を生成するのに必要な時間を、数時間から数分へと大幅に短縮したか。
  • 複数のモバイルフレンドリーなプラットフォームを追加すると、なぜ事務所はトップの実績を持つ弁護士を呼び寄せて、確保することができるようになるのか。

プライバシーに関する規約